2009/11/15

銀座と言えば…



今日は、銀座へ。
まさに、Indian Summer な青空も美しく…
たくさんの人出でした。

休憩に立ち寄った『銀座鹿の子





歌舞伎座でお芝居を観た帰りのおばさま方で賑わう店内…お抹茶に小倉かのこをいただく。
お昼ご飯も食べられるんだねー。

混んでいたので、窓際に座れなかったわ
ぷりっ…と思っていたら…




目の前に…
愛想の良すぎない、シンプルな招き猫。

どこかの ”お父さん”にも似ているよな…。

何だか,さとされている気分になりました。(^^)v





■銀座と言えば、柳、そして、ブリクシャアーサナへ。

大好きで、うなづき回数横綱級のヨガ本、
沖正弘先生の『ヨガの喜び』から…
…やらわいだ心、やすらいだ体、楽しい生活があってこそ、心の強さが得られる。「柳の枝に雪折れなし。」ということわざがある。木の中でいちばん強いのは、風にゆらがず、がんじょうに立っている木ではなく、しなやかにゆれる柳だ。がんじょうな木は、嵐や大雪に会うと、ぽきりと折れるが、柳は、そのときはいまにも倒れそうになっても、災難が過ぎれば、もとどおりになる。…

ブリクシャアーサナは、木のポーズ。
代表的な、片足裏を軸足の内ふとももにつけて、
はい、片足バランスですね。

足を下ろさないようにと、
ぐいぐい歯を食いしばったりo(`ω´*)o
静止しようと、
息をとめて“o( ̄‐ ̄*)カラダのエネルギーの流れを止めたり

では効果少なしですね〜。( ̄∇ ̄;)

ゆれてもゆれなくても、内側のエネルギーの流れを感じていく(*´∀`)
結構その時の自分の心の状態や調子がもろに出たりもするから、それを楽しむ。
大丈夫ぅ〜バランス取れるぅ〜と軽く自分を信じていくのもいいようです。

それにしても…今日は銀座で柳…見なかったなぁ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿