2010/08/31

初車椅子!

倒れてから、25日目にあたる、8月31日。夏休み最終日。

2010.8.31
この一週間…随分表情が変わってきたとお伝えしていましたが…

今日はなんとなんと、初めて車椅子に乗る事ができました!!

凄い〜〜! ヽ(;▽;)ノ  相当にミラクルです。

活発な運動機能の回復を見て、リハビリ担当の療法士さんと、看護士さんが判断してくださっての試みです。

日々リハビリは、私がいない間、少しずつ行われていたようですが…

どうも呼びかけにうまく応えないらしく…かなり手こずらせていた模様。 (~_~;)

というわけで、私がいる面会時間を見計らって…
午後の時間にトライすることになったのでした。

男性ふたりのサポートで、まずはベッドに起き上がって座るところから…

おおお! 凄いスゴい!
2010. 8.30

25日前には、
老人Z(AKIRAの作者大友克洋監督作品)さながらに、カラダ中にチューブや機械を装着して生死の淵を彷徨っていたあなたが…
車椅子に座れてる!!!
…涙涙涙 感無量とはこのことです。
何だか不思議な光景…。。。

たくさんの看護士さんたちが心から嬉しそうにその様子を温かく見守ってくれたのもありがたくて涙が出たよ。
血圧も安定して過ごせた、わずか10分間でしたが
本当に大きな大きな進歩でした。

みなさんの祈りのチカラのおかげさまです。本当にありがとう☆

2010/08/29

喜ばれる存在


病室に着くと、ベッドが空っぽ…
あれ?と思っていると、
「MRIの検査に行かれてるんですよー」と、
看護士さんがお話してくれた。

「ずいぶん動きも活発になってきて…
もうすぐ一般病棟移れそうですね。
2010.8.29 
嬉しいことなんですけど…
みんなで、いなくなると寂しいねって…話してるの。
よくみんなここに来てますよー。」

な、なんだ? アイドル化しているのか。

寝たきりで人に喜ばれるなんて…
何という徳でしょう。
ありがたいことです。 ヽ(;▽;)ノ

「医学的な反応」は未だ認められて
いないのだけれど…
笑ったり…そっぽ向いてみたり…
相当に表情が豊かになってきています。。。

そんな驚異的な回復ぶりを、主治医の先生も認めてくださりつつ…
昨日は、MRIのかなり厳しい診断結果を聞く事になりました。

正直なところ落胆を禁じ得ず…
何もしてあげられない無力感に凹むのでした。

そんなタイミングで、 仕事でお世話になっているimpleoのせいこさんが
陣中見舞いに会いに来てくれました。

彼女とは、共通の知り合いを通じてご縁があり、
 NHKデジスタのウェブ関連のお仕事を中心にとてもお世話になった
言わば上司にあたる方。 ふと考えれば、足かけ10年。
この10年でワーキングマザーの意識も社会的な状況も
随分変化してきたけれど…
当初は決して容易ではなかったはずのビジネスエリアです。

マザーに限らず、女性の雇用機会の拡充というヴィジョンと
経営者との絶妙なバランス感覚を、笑顔でキープしている
稀に見る優秀かつ真にフェミニンな奥行きのある女性なのですね。

ビジネスは、やはり、人のために動ける人が
エネルギーをまわしていけるのだなとまた確信するのでした。

思いやりに満ちたお見舞をありがとう。
とっても励まされました。



2010/08/28

ピンチ&チャンスの放物線

先頃亡くなった今敏監督。

辞世の句ならずも、書き遺されたノートは迷いなくおすすめしたいすごい文章です。

死の淵に臨んでいる人が、ここまで心情を表現豊かに文章として出せるとは、

やはり真のハートからの言葉だからなのだなあと感じました。

『東京ゴッドファーザーズ』は特に好きな作品です。

彼自身によるノートを見て、なぜここまで好きなのかあらためてわかるような気がしました。

アニメーションをご覧になってからの方がいいかもしれませんが、こちらもおすすめ。

意味のある偶然の一致にあふれた世界

まさにシンクロニシティやらセレンディピティやらの…

連続のようでいて、愛に溢れた、あり得ないようなつながり…

…あるんだよね。

ベタですが、人生は小説よりも奇なり…とは昔から言いますわよね


彼と出逢って、一緒に人生を歩み始めて…

正直、折返し地点を過ぎてからの、この突然のシナリオはあんまりだよお…

と毎夜毎夜涙にくれ…、思っても仕方ないとわかっていても…

頭から離れない。

ムリに前向きになろうとしても、それは自分の奥底にふたをして、

自己欺瞞に陥ることにつながるだけ…本当の前向きにはなれないのですから。



ピンチはチャンスと、人は言う…

ならば、人生最大のピンチ! は、人生最大のチャンス! なのか。

ピンチ&チャンス関数は放物線を描き、絶対値は変わらないのだろうか…

「ピンチ、ピンチ、チャンス、チャンス、ラン、ラン、ラン♪」

思い出してみよう☆


その切り替えるチャンスは、感情を味わいきることと実感するのであります。

感情を抑えても、チャンスには思い切れない。


悲痛な感情に押しつぶされることなく、


そのドラマにハマるのでもなく、


今生で、肉体を持ったことを歓びと思えるために、


涙を流し、心の奥を見つめ、落胆も怖れず、


浄化していく過程が真に必要だと思うのでした

2010/08/27

プレシャスタイム

3週間が経過しました。

今日はお仕事でとってもお世話になっている方が会いに来てくれました。

家族ぐるみでご飯をご一緒したことも何度か…

村山の容態もよくわからないまま…周縁のみなさまとともに、

ずっと祈ってくださっていた。

病室に入るなり、彼の手をとって

「ムラヤマさん、会えてよかった…!」

泣けました…。

曰く…物言わずとも、いつものように叱ってもらってるみたい…

これまで仕事の枠を越えて、生き方など様々お話をうかがえて、、

常に、前向きへと励ましてもらってた…

僕には、ムラヤマさんが次のステージを迎えられているような感じがする、

まさに、仙人みたいな領域へ、達してるんだなと…。

これ以上ないお見舞いでした。本当にありがとう。

見た目の変貌を気にしていた私の方が浅はかでした。

ちゃんとエネルギーを感じて、全身全霊テレパシーで

コュニケーションをとれるという、人のチカラを信じること


あらためて気づかされました。ありがとう☆

 .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚

2010.8.27.玄関近くの木陰
Q:一番蚊に刺されたのはだーれだ?
ちょっとした用事があって、high5仲間が逢いにきてくれた。

いつもと同じ様に、ヨガ談義や近況話などに花を咲かせる

宝物の時間。 ありがとーねー☆すごいリフレッシュ!

ホントにパワーをもらったよ。

あー本当にhigh5のみんなみんなありがとう。

深い深い思いやりと愛に溢れたきらきらしたハートが伝わってきた。

そんなかけがえのないヨガ友との写真をたくさん見ながら、息子が言う。

「ヨガやってから、何かいろいろツナガッテルよね。」

さすが、わかってるねー♪ ≧(´▽`)≦


2010/08/26

御礼

2010.8.26 「夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く」

心のこもったメッセージやお手紙など、数多くいただき

本当に本当にありがとうございます。

また、村山のお仕事関係の方々も、

長くご心配をおかけしております。

なかなか落ち着いてお返事を書いたり、

病状のご説明ができずに申し訳ありません。

お気持ち本当にありがたくて、触れるたびに

涙が溢れ、癒されます。

本当にありがとうございます。

あらためて、こんなに人さまの深い優しさや暖かさに
触れることのできるシアワセを感じています。

感謝の気持ちは言い尽くせません。

村山もきっと同じ気持ちでいると思います。

これから少しずつお返ししたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

夏の余韻はまだまだ続きそうです。
みなさまもどうぞご自愛くださいませ。


愛と感謝をこめて
美智子☆

2010/08/25

人生はかくも残酷で滑稽なり。

2010.8.25 full moon


連日お天気が良いので、

ほぼ毎日、自転車で病院に通っています♪

ちょうど良い距離だからというのもあるけれど…


歩けば…とぼとぼ…となりがちなところが、

自転車だと…すーいすーい…と、

気持ち明るく、前に進めるわ〜という感情が

自然に湧いてくるのです。 ≧(´▽`)≦

行くゼっと立ち漕ぎのひとつもすれば、

放課後男子小学生の身体感覚すら味わえそうな気もする。

そんな風に、風を切り、風景が流れていく、

次元を渡る感覚が、大好きな乗り物であります。


 .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚

 
今日は、初めてかもしれません。病室で笑い転げました。

だって、あまりに表情が豊かで(表情筋が活発!)面白かったからです。

微笑ましいを通り過ぎて、意図してふざけているんじゃないかと思うほど。

なので、動画を撮ってみることにしました。
2010.8.26


至近距離に顔を近づけて、

「わかる〜〜〜??私だよおお!!」 

と毎日語りかけるわけだが…

日に日に反応が面白いと思っていたら、

今日はついに、口を動かした!!!! 

ような気がした。

うおおおおお☆ ヽ(;▽;)ノ

で、息子が来た夕方近くに動画にチャレンジ!

まあね、こうやって(カメラを)構えてると、やってくれないもんだよね…

などという無駄な思いを振り払い…(本当に信じる気持ち大事ね)

ひたすら「おしゃべりしよー!」話しかけたら…

なんと!口を動かしたのだ。


撮ったムービーを主治医の先生に見せたら…

「お、すごいですね。これは、あ、ほんとだー。

明らかに何かしゃべろうとしてますねっ…

 …それ、iPhoneですか。(ハイ、押さえたー。やっぱりそこ?)」

「そうでーす。すごい画像綺麗でしょ。ね、ね、

しゃべってますよね。声は出てないけど…」

何だか病室全体のテンションがあがりまくったのでした。


帰宅後も、息子と何度も見ながら、なんて言ってんだろうね。
 そういうの読める人いないの?
あー、唇読める人いるよね、ドクシンジュツとかさ…

おしゃれの先輩である父の洋服を漁っては、さっそく気に入ったTシャツを

着込む息子とともに、さらに、こんな素晴らしい父からのギフトに

二人で盛上がりながら、満月の夜は更けゆくのでした。

2010/08/24

暖かさに囲まれる、無邪気な魂☆

「今日は歯を磨くのに、結構格闘だったんですよー

30分くらいかけたかなー  お口開けてくれなくて〜」
2010.8.23. ゆでたまごのような

笑いながら看護士さんとそんな話を交わしていると…

かすかに微笑んでいるとしか思えない

無邪気な表情を浮かべている。。。

それを見て、「あームラヤマさん、聞いてるわねー」 ≧(´▽`)≦


いつも笑顔で彼に話しかけながら看護に携わってくれる彼女は、

高校生の時に親が人工呼吸器をつけて闘病している姿を

なかなか受け入れられなかったそうだ。。。

さりげなく息子の気持ちを代弁してくれる、まさに白衣の天使。

2010.8.23. cocktail moon

何だか不釣り合いの、ガリ勉くんみたいな黒ブチ眼鏡をかけて、

いつも、こんにっちわあーと元気よく入ってこられる

少々年配の職員さんは、いつも病室に訪れると

「タカフミくーん!!」と大声で名前を呼ぶ。( ̄▽+ ̄*)

「良い顔してるね、今日は! 奥さんが来てると、

ぜっんぜん違うね、表情が。 そうです。素晴らしいんです! 生きるんです!

スーパーですから。スーパームラヤマ!」………

なーんて、不思議かつ何だか妙に説得力のあるフレーズを残して、

出て行かれる…すてきなおばちゃん。

  私がいない時もきっといつもこうやって励ましてくれているんだ。ありがたい。

病室で私がかけている音楽にもすぐ反応して、「サラ・ブライトマンのコンサートに

行けるかもしれないのよ〜〜、あー行きたいわー」と嬉しそうに話してくださる。


若い男子看護士さんは、私が病室に到着するなり、

「今日はね、ムラヤマさん、とっても調子いいと思うんですよ。

僕と目が合ってる感じするし…」と自分のことのように嬉しそうに話してくださる。


大事な友が送ってくれたCDをかけていると、主治医の先生が

「これは〜? どこの国の音楽ですかね〜」と興味深そうに聞いてくる。 ≧(´▽`)≦

「インドですよお。シタールっていう楽器でね、倍音とかも豊かなんですぅ。

これを聞いてて意識が戻った人がいたらしいよって…お友達が送ってくれたの」

「あーいいですね〜 やれることは何でもやりましょー!!」 


そして、遠くからのたくさんの祈りの声…感じられるあなた、そして私はシアワセだ。



いつもやってもらうってこと、受取ることの苦手だったあなたです。

今は、赤児のように、我が身を100%人さまに委ねばならないこの状態を

味わっているでしょうか……。 私には、 

楽しんでいるように思えるよ。 


人工呼吸器も取れて、少しの酸素と自発呼吸。

カラダは心臓も含め、とても安定してきています。


それでも先生からの二度目のお話をうかがって…

信じる気持ちが右往左往して…涙が止まらなくなったから

我慢しないで、たくさん流した。流した。流した。

そうして、少し手放せたのでした。

2010.8.23 milky way
あの時の彼はいない…とか、

過去にどうしても寄りかかってしまう気持ち

100%ではないけれど…少し離れることができた。


今ここまで来てしまっていること。

それがどんなシナリオだとしても、

幕が開いてしまった後は、後戻りできません。

与えられた状況に抵抗しても仕方ないもの…生きていくの。

そこに、ようやく、重い足取りながらたどり着けたかもしれない。


奇跡は、勝手に起こるものじゃない…起こすもの。

一緒に奇跡を起こそうねって手を握って、今日も病室を後にしたのでした。

すべてにありがとう

2010/08/22

上を向いて歩こう…♪

2010.8.17 red sun


リストラティブというヨガのスタイルがあって、

これは、米国のジュディス・ラセターさんが

人生のとてもつらい場面に遭遇し、ヨガをやる気すら失せてしまった時に考案されたスタイルなのだと耳にしたことがあります。

たくさんのプロップを使って、カラダを芯から休める、リストラティブ=回復に向うという意味での深いリラクゼーションヨガ。 とても深い土台の上に構築されているスタイルのようです。機会があればしっかり学びたいと思っています。

うーん、今必要なのは、これだったかもしれない…

で、あるのだが……


先週の日曜日の夜は、何だかカラダが妙に軽くなった気がして、

ついついやってしまいました。気持ちよーく。。。

スリアナマスカーラもそこそこに、

シールシャ & アドムカ・ブリクシャ(逆立ちね☆)

あろうことか、壁使って、シールシャから、ピンチャ(…何を考えてんだかっ)

それでも通常なら、少し筋肉が張って、頭がいたくなるくらいで済んだのかもしれない。

翌日、首から下が砂に埋まってるような感覚。う、動けません…

首を上向きにできな〜い。

僧帽筋や脊柱起立筋周辺を痛めてしまったようなのでした。

うわっちゃー… さすがに凹みました。猛反省…。 (/ _ ; )

さっそく、神楽坂はホリスティック・クーラ駆け込み、応急施術。

きちんと状態を診て、劇的な治った感を感じるほどまでには、

ほぐしすぎない状態で留め置かれたのでした。


ここがプロのポイントなのね〜♪

確かにわかりやすく治った方が、いかにも即効性があって患者には

心証いいはずなのだけれど…、

実はカラダに取っては負担が大きかったりするのだそう。 

さすがです。 

ほーらミラクルのように治っただろう、すごいだろー…

みたいになエゴが見事に手放されている。 

high5yoga の誇るボディマイスター、石垣隊長、さすがです。 ≧(´▽`)≦

マンツーマンのヨガセッションもメニューにあるよ。

ヨガの本質を大事にする意味で、解剖学の先生で理学療法士の尚人先生

同じようなスタイルを考えてると以前お話をうかがったことがありましたわ。要チェック!

それにしても、あー早く上を向いて歩きたい。。。 (~_~;)


こころとからだはホントに面白いほど仲が良い。。。


そしてそして…一週間が経ち…

まだかすかに違和感ありますが、ほぼ治ってきています。

ゆっくりペースを大事にしながらマイ・リストラティブヨガ、

トライしていきたいと思います。

2010/08/20

眠れる人に、多くを気づかされる日々。

たくさんの人の記憶の中にも、彼がしっかりと息づいているのを

忘れてはいけない。私だけが彼のすべてを知っているというのは思い違いなんだ…

って、少しだけ寂しい気持ちとともに、静かに悟る。

そして、そんな人々の心のスクリーンに映る、私の知らない

彼の姿を、ぜんぶかき集めたい気持ちに駆られたりもする。。。


2010.8.19
 .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚


今日は、ついに気管切開して、人工呼吸器を(口から)移設しました。

ぎりぎりまで待ってもらったけど…残念ながら他の選択肢は考えにくかったよ…


「野生の動物は、ケガを負ったら自分で治すもの。

人間だって動物だからね、一度メスを入れたら終わりなんだ」

なんて言ってたのを覚えているから…とても躊躇した。

でもね、ここ数日熱も上がってるし、肺炎も疑わしい…

出来る限りチューブによるのどのダメージや、感染のリスクも

なくしたい。。先生の的確な判断に委ねることにしたのでした。

 .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚

仕事仲間の方々のお話をうかがっていると、何気ない彼の発言の中に

実は彼が結構私のことを認めてくれていたんだなーと思える種がたくさんあった。

同時に、私は、私がどれだけ彼に認めてもらいたいと思っていたのか、

あらためて気づくのだった。

そして、その認めてもらいたい私の思いが、どれほどちっぽけな

こだわりだったのかも嫌というほど思い知るのだった。


人は、いつも愛する人と心を通わせていたいと思う。 

少しでもパートナーの本意が見えなくなりそうな瞬間に気づいたら

見過ごさずに、いつでも心のベールを解いて、

きちんと言葉を通わせるのが大事なんだな…と思う。

2010/08/16

愛に生きる

 
日曜日は、たくさんのギフトがあった。

長いおつきあいのある夫の仕事関係の方が、話を聞きつけ、

いてもたっても…とお見舞いに来てくれた。

(村山さんは)とにかくカッコ良くて、(広告の)コピーもだけど、

チームとしての仕事のやり方をたくさん学んだ、

男のファンがすごく多いんです、と。仕事のエピソードを交えて話してくれた。

プロジェクトが煮詰まって、スタッフ皆が夜中うつむいていた時も、

村山さんの提案やひとことで、それまでもつれまくっていた糸が


たちまちに解けていくような、ミラクルな瞬間を、何度も見てきた。

だから、きっと今度も絶対大丈夫です。。。

そんな、家ではほとんど聞くことのなかった普段の仕事ぶりを話してくれた。

心から嬉しかった。




そして、友だちのメッセージにはいつも涙があふれる。。

こころの力みが取れるからだね。本当にありがとう。

ヨガを通じて得たものの大きさを感じています。


ツイッターで再度ツナガッていた古い共通の友人は…


私も尊敬してる人、と毎日香を焚いて回復を祈ってくれている。


あるいはやはり彼を知っている大学時代からの親友が

アメリカから電話してきてくれて、


あんまり頑張らなくていいから、少しずつ良くなるんだよと伝えてと。

そして私には、いつでもすぐに飛んでいけるから、

必要な時には電話するようにと

力づけてくれる。

また、別の友は、意識を取り戻せるかもしれない音楽を知らせてくれる。


言葉で言い尽くせない感謝☆

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

夫が救急車で病院に到着した直後のこと。当直の循環器内科の先生が、

「大変だったね。よくがんばったね。お父さんのために、

ここからは僕たちががんばる番だ」

 と息子に力強く声をかけてくれたのだという。

どれほど心強かったことでしょう。主治医の先生…ありがとう☆

16の夏を迎えていた息子は、その言葉にいたく感動していました。

彼の成長過程でそんな言葉のちから=言霊のエネルギーがどれほど滋養になっていることか…

本当にありがたい☆

※ちなみにこのK病院は、当直とは別に循環器内科の当直も別に配置されているとのこと。

 
。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

そして夜には、大切なヒーラーの友人が忙しいなか

時間を作って足を運んで来てくれた。

心から信頼できる、西洋医療とエネルギー治癒を

同時に享受できることのありがたさを痛感。感謝の極みです。


あさみさんは、病室に入る時も、入っていいかどうかを

きちんと守護天使に確認しながら、横たわる彼の気持ちを

最大限に尊重してくれていた。


本当にこれ以上ない素晴らしいヒーラーです。


ブログでは一個人としてお見舞いに行ったと書いてあったけれど…、

彼女の訪問を受けて、ベッドの上の彼は何だかとっても

満たされた表情を浮かべていたし… 


時間に糸目をつけずにつきあってくれたお茶のひとときは、

セッション以外の何ものでもなく、

コーヒーテラスの柔らかな灯りの中、頭のもつれがほどけていくような、

クリア異次元感覚を感じてました。。
深く深く癒されたのでした。 

本当にありがとう。

これからも私は私の持てる限りのちからでヒーリングに取り組もう。

ヒーリングはスキルではない。真実の愛。

全身全霊、さらに愛で包んでいくことだと、確信したのでした。


その夜は、久しぶりに深く安らぎの眠りにつけたような気がする。

 

これからまた続くであろう渦潮のような日々。。でも

家族を含め、人のありがたさをここまで深く感じさせてもらってる。

勇気を得て、大いなるエネルギーを抱いて

しっかりと、愛に生きていきたいと思う。

☆ 

2010/08/15

生きることを選んだから。

行動しなけりゃ始まらないでしょ。

またもや息子の名言です。ふふ。

2010. 8. 13.
おととい動いたのに、昨日は腕のひとつも動かない。。。

そんな昨日の教訓は、

「いたづらに一喜一憂しない。あせらない」


そして、今日は、凄かったの。

両腕を内旋させたり…(内側にまわし入れる感じ)

手が口元の届く程、腕を持ち上げてひじを曲げてくる。。。

すごいアクティブでした。どれほど、チューブが気持ち悪いことだろう。。

早く取りたいよね。


入院して一週間を越えて… 先生から現状のお話をうかがう。

先生は、当初から、きちんと目の前の患者の病状をつぶさに診て、

中途半端な話は一度もされなかった。 だから、

安く楽観的にならなくて済んだし、ある程度覚悟はしていた…

けれど…やっぱり聞きたくない内容。。。

人は自分の聞きたい事だけ耳に入れるものだ…

受け入れがたい事は、聞こえませんから。

何度も同じことを聞く、確かめようとする私に、

先生はとても優しかった。。

でもね、最悪の状態を聞いたんだから、これからは未知数なの。


私には、どう見ても、すべてわかってるように思える。

いやわかっている。 間違いない。

何かを全身で現そうとしているエネルギーが見えるから。


だから今は、頭はクールに、ハートの炎熱く、

信じる気持ちを抱いて、進むしかないんだ。

生き抜く。 魂が「生」を選んだんだもの! 


乗り越える、とよく言うけれど…

今はいったい「乗り越える」ということが、どんな意味を持つのかすらわからない。

そんな日がやってくるのかさえ、何の保証もない。

乗り越えた先にいったい何が待っているのか…も、わからない。

でも信じて、「生」を選んで、このからだに戻ってきたんだ。

その今を信じて生き抜く。

行動していくしかない。

懐古せず、悲観せず、今に生きていくんだ。

2010/08/12

屈曲 回内 回外 外旋

2010.8.12


 昨日はたくさん、首を左右に動かしていたyaman…

今日のお昼過ぎ…脳波を調べている間に、病室内で遠くから見ていたら…

ぐぐぐぐ…と持ち上げた。右腕!

(肩の)屈曲30度くらい。 わ、わ、!

夕刻には、左手をゆーっくりと回内し始めたので慌てて、

「すごいじゃない! 指、握ってみて!」と言ったら、私の小指を握りしめた。

同時に今度は、反対側の右前腕回外しながら、持ち上げた(つまり外旋も)  

ものすごい感動でした。
2010.8.12 evening

でもね、どれも、看護婦さんとお医者さんがいない時なの。

なぜだ〜 ( ̄▽+ ̄*)



お世話になっているK病院は、主治医の先生も、看護士さんも、

本当にみんな凄い、そして心からという意味でやさしい。

技術もさることながら、患者やその家族へのこころからの対応など、とても学びの深さがわかるよ。

西洋医学の最高峰をまそばで見てる感じ。素晴らしいです。☆感謝☆



昨日からの気づき。。。

病気をする=学びが足りない というとんでもない思い込みにまみれていたのではないかと…ふと思った。もちろん闘病生活を送っている人にそんな気持ちを抱いたことは誓って一瞬もない。

けれど、魂の成長を意図して学んでいるし、善良で、人への思いやりも人一倍ある、そんな人に不幸が訪れるはずが無い、つまり「病気=不幸」というおそれが、…無意識のうちに強くあったのではないかと思う。だから、あり得ないことと思った。他人事のように感じてた。なぜなぜなぜ…しか出て来ない。。。これは今でもあるけどね…

もちろんこころとからだはつながっているから、因子のほとんどはもちろんメンタルな由だとは思う、けれど、私の課題は、そこに善し悪しをつけてしまいがちなところ…。さらには、今生だけの因子でもないわけで…頭でわかっているつもりでも、ふと気づくと、目の前のことにとらわれが出て来る。

yamanも、どれほど心労があったことでしょう。 何も悪い事していないのに、なぜこんな辛い思いをしなくてはならないのか…。なんて理不尽なんだと…そんな思いもあったよ。

でもやっぱり、訪れる事は受け入れていくんだ。生きている限り。。。
これでいいのか、わるいのか…だれもわからない。 そうなのか。

私がもっと早く彼の思いに気づいていれば…応えていれば…  自分を責めないようにはしているけれど、もしかしたら、その思いはこれから一生、解消できないかもしれないね。 自分を責めないとは… 気づけなかった、できなかった自分を受け入れるということのように思う。。。ごめんね、あなた。 

そして私がそれを全部引き受けられる=「私がこの人に起こることはすべて私の責任」みたいな思い上がり、超越エゴを手放すことでもあるんだね。

今日もできるかぎり明るく一瞬を大事に、過ごしてい。こう。。
今度はいったい何を見せてくれんだ〜?! ≧(´▽`)≦

2010/08/11

笑っていこう。

2010.08.11
「こんな時こそ、笑おう。。。」

めそめそする私に、息子がかけてくれた

言葉だよ。すごいなー☆

…そんな、まそばにいる天使をはじめ、

温かいメッセージをくださるみなさんに、

日々支えられています。

本当にありがとう☆
2010.08.10


yamantaka 入院して明日で一週間。 


油断すると、ついまた余計な考えに支配されそうな…

そんな私に喝を入れてくれたのかな。笑えって。。。


本当に思いがけず、見つけたサイトでした。
2010.08.08

彼の、たぶんコピーライターとしてのデビュー作。

↓チャップリン、モンロー、マリアさま、玉さま等(76,77年もの)

Vintage Tokyo subway manner posters



過去にとらわれるのを人一倍嫌うyamantaka なので、

知らない時代の作品はほとんど見せてもらってないのだ。
2010.08.07


このタイミングにこれを目にするとは…

きっと今頃、脳をリセットしている最中に違いないね。

そして、何事もなかったように、笑ってくれるんだな。 ≧(´▽`)≦

2010/08/07

お知らせ

いつもありがとうございます。


お知らせが遅くなってごめんなさい。

突然ですが、個人的な事情のために、

NPO法人)地球平和のライトワークでの「みんなの

シャンティ・ヨガ講座」をはじめ、カウンセリング、コーチングを

しばらくお休みいたします。 本当にごめんなさい。

18日(水)のジョイントクラスも、楽しみにしてくださっていた

みなさま、申し訳ありません。 ヨガはないけれど、

アルケミークリスタルボウルの音瞑想は

本当に素晴らしいので、ぜひ、楽しんでくださいね。

    .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚
 


実は、5日に突然パートナーの yamantaka が倒れ、

急に入院することになりました。

愛する人と、ただ瞳を交わし、笑い合うということの奇跡…を

今、嫌というほど、思い知らされています。


今起こる事は、意味のある事…とやすやすとは思いづらく…

これほど、時間を巻き戻したいと思ったことはありません。

正直、そう簡単に気持ちを切り替えて前向きにはなれなかったよ。

でもね、少しずつ本当に少しずつだけれど、受け入れつつあります。

愛する夫も全身全霊でがんばっている。

あせらないで、一歩一歩クリアしていこうと思います。


愛だけを抱いて生きる

過去と未来を手放し、今ここに生きる

自分を責めない、人を責めない

そんな、今までも日々取り組んでいたつもりの

学びの数々が、あらためて、

全身全霊、魂の奥底まで

とてつもなく深まっている瞬間です。


今日病院に行くとき、呼びとめられた

気がしてふと見上げると。。。天は海… 

かなたからDRAGONがパワーを授けにきて

くれたように、私には思えました。

ありがとう。


絶対に大丈夫、必ず戻ってくる。

愛をもって、全てを信じます。

頼もしい素良と一緒に、明るくがんばるよー! ≧(´▽`)≦

2010/08/04

8/18(水)アルケミークリスタルボウル+ヨガ vol.3 来てね〜♪

夏らしい日々が続いてますね。お元気でお過ごしのことと思います♪

クリックすると少し大きくなります♪

汗をたくさん、きちんと水分とナトリウム、
エアコン頼りすぎず、冷たいものもほどほどに。。。

夏バテはココロにも来ちゃうから、気をつけたいね。
私もガリガリ君は食べないけど…
ジャイアントコーンにはつい手が伸びてしまうぅぅぅぅぅ。

さて、みなさん、おかげさまで3回目となります。
ほぼ、ボンクレー(らぶ『ワンピース』ファンならわかるハズじゃ)に
開催している、NPO法人)地球平和のライトワークのスペシャルジョイント
クリスタルボウル+ヨガのご案内です。☆感謝☆

■8月18日(水)(なんと昨夏の真夏のスペシャルジョイント初回と同日)
 ☆Sunny morning
  10:30 - 12:30    朝日をたっぷり浴びる、ひかりのあさ

 ★Candle night   
  19:20 - 21:20   キャンドルのやさしい灯りに包まれるよる

● 参加費
LWEP会員:2,500円(当日の入会大歓迎です!)
一般:3,000円

そして、あさとよるセットの方
一律:4,400円

ことのほか倍音豊かだと言われている、アルケミークリスタルボウル。
クリスタルボウルの第一人者である・牧野持侑(じゅん)氏やAshanaなど
数々のワークショップで 研鑽を積んでいる恵子さんと、
あ・うん(つまりオームですよね♪)の呼吸で
リードさせていただければと、わくわくしています♪♡

今年の春には、私も伊豆のアトリエでのワークショップに参加してきましたが、本当に気持ち良いです♪≧(´▽`)≦
シャンティなひとときをぜひぜひご一緒に味わいませんか。

サウンドヒーリングの体感、ヨガ、瞑想 と
たっぷりの2時間プログラム☆

ご予約、心よりお待ちしています♪

★お問合せ・ご予約
NPO法人)地球平和のライトワーク

03-5469-5022 
tel: 10:00 - 16:00 (月 - 金)
info@lwep.jp 

2010/08/03

YogicArts初体験!

 
Life is Power


Power is Energy


Energy is Love

b~y Dunkan Wong

少々前になりますが…
ハードワーク?! で知られる、
Yogic Arts ワークショップ2ラウンド!

Hipなグルーヴ感と、Budoh の神聖な
エネルギーが共存する新感覚、
ばっちり堪能しました♪

☆右: 二人の超ハッピーな、Honeymoon オーラに
包まれたワタシ… ≧(´▽`)≦

思いがけず、友人の友人にも会えたよ。

Dunkan氏は、今週末開催の癒しフェアにも登場の模様です☆