2010/08/25

人生はかくも残酷で滑稽なり。

2010.8.25 full moon


連日お天気が良いので、

ほぼ毎日、自転車で病院に通っています♪

ちょうど良い距離だからというのもあるけれど…


歩けば…とぼとぼ…となりがちなところが、

自転車だと…すーいすーい…と、

気持ち明るく、前に進めるわ〜という感情が

自然に湧いてくるのです。 ≧(´▽`)≦

行くゼっと立ち漕ぎのひとつもすれば、

放課後男子小学生の身体感覚すら味わえそうな気もする。

そんな風に、風を切り、風景が流れていく、

次元を渡る感覚が、大好きな乗り物であります。


 .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚ .。.:*・゚☆.。.:*・゚

 
今日は、初めてかもしれません。病室で笑い転げました。

だって、あまりに表情が豊かで(表情筋が活発!)面白かったからです。

微笑ましいを通り過ぎて、意図してふざけているんじゃないかと思うほど。

なので、動画を撮ってみることにしました。
2010.8.26


至近距離に顔を近づけて、

「わかる〜〜〜??私だよおお!!」 

と毎日語りかけるわけだが…

日に日に反応が面白いと思っていたら、

今日はついに、口を動かした!!!! 

ような気がした。

うおおおおお☆ ヽ(;▽;)ノ

で、息子が来た夕方近くに動画にチャレンジ!

まあね、こうやって(カメラを)構えてると、やってくれないもんだよね…

などという無駄な思いを振り払い…(本当に信じる気持ち大事ね)

ひたすら「おしゃべりしよー!」話しかけたら…

なんと!口を動かしたのだ。


撮ったムービーを主治医の先生に見せたら…

「お、すごいですね。これは、あ、ほんとだー。

明らかに何かしゃべろうとしてますねっ…

 …それ、iPhoneですか。(ハイ、押さえたー。やっぱりそこ?)」

「そうでーす。すごい画像綺麗でしょ。ね、ね、

しゃべってますよね。声は出てないけど…」

何だか病室全体のテンションがあがりまくったのでした。


帰宅後も、息子と何度も見ながら、なんて言ってんだろうね。
 そういうの読める人いないの?
あー、唇読める人いるよね、ドクシンジュツとかさ…

おしゃれの先輩である父の洋服を漁っては、さっそく気に入ったTシャツを

着込む息子とともに、さらに、こんな素晴らしい父からのギフトに

二人で盛上がりながら、満月の夜は更けゆくのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿