2010/04/21

いくつでも、アシュタンギーニ

昨日は、久しぶりにUTLのアシュタンガクラスに出た。
たっぷりと発汗して、すっきりでした。


最後のシャバアーサナでは、マントラのミュージックが結構大きめのボリュームで流れており、それがむしろ効果的で、すっかり瞑想状態というか、プチトランス快感だったよ。≧(´▽`)≦


アシュタンガは運動量が多いヨガのスタイルと言われますが、エネルギーの巡りが活発に促される感覚。
やっぱり呼吸のチカラが大きいのを実感します。


KAZUYA先生のアジャストは、力のかけかたが絶妙で、
ひとりでは到底届かない手も、まるでゴムゴムの実を食べたルフィ(@『ワンピース』)のように腕がひゅい〜んと伸びて背中越しに反対側の手首をつかめてる♪
少々誇張ありですが…( ̄▽+ ̄*)でも近いんだよ、感覚は。


バッダパドマという、足組んだ座位で腕を後ろにまわして足をつかんでいるアーサナ。
肩と胸の開きが気持ち良くて、しばらくそのままでいたい!という欲求にかられました。

おかげさまで、本日は、かなりの筋肉痛ですが、心地よいです。

発汗は、交感神経の働きをよくするので、やる気もアップするよ。
ヨギーニにはおなじみと思いますが、ざっくりと


交感神経(別名:昼の神経)が活性化すると、気持ちがアップ。
興奮につながる方ですね。逆に
副交感神経(別名:夜の神経)は、落ち着きをもたらしたり、
リラックスをうながしたりする。
と言われています。 やはり両方のバランスですね♪


ヨガの良さは、真ん中の力に近づける作用。
拮抗するエネルギーや、自然とからだの中の左右、前後、上下、
四方八方に向うチカラの真中に存在していく感覚です。


そして、こころのセンタリングにも向かえるのです♪


途中のチャトランガ、アップドッグ、ダウンドッグのヴィンヤサを一部抜かしてるので、なんちゃってアシュタンガではありますが、( ̄▽+ ̄*)
十分良さを味わえます。
先生も途中で辛くなったら休んでもいいって言ってくれるよ。
そういう自己責任、がんばりすぎちゃったりしない自己管理も大事だよね。
いくつからでも、アシュタンガ。楽しいチャレンジです♪

loka samasta sukhino bhavantu
May all the world be happy.

”ヨガは、ひとりの人間の持ち物、考えではない、
宇宙そのもの。共有のもの。
内側の浄化すること。
肉体的なことが目的ではない、体操ではないのだ。”

”ヨガは自分を知ること。”

”ひたすら練習すべし、語ることなかれ。”

"Yoga is universal, and not one man's property."
"Yoga is not physical purpose, internal leaning.
not external excersing!"

"You can practice. Don't talk."

0 件のコメント:

コメントを投稿