2010/03/28

Time flies

きっとみなさんも感じてることでしょう。

時の感覚…が何とも説明できない感じに変わってきているのを。

先日も大好きなお友だちと話をしていると、

ものすごい時間の感覚になってしまった。

アナザーワールドにいる感覚なので、そこから帰ってくると
え? 何が起こってたの?…みたいな、まさに浦島太郎状態。

あーそう言えば浦島太郎のお話も、考えてみれば
まさに竜宮城というアナザー・ワールド、別次元の世界に
旅してたのだものね♪

大好きな映画監督のティム・バートン氏曰く…

「おとぎ話は究極の現実」…「人生の教訓や人間の正体が隠されていて、
奇妙な物語とどこかで合わさった瞬間、究極の現実として僕らの前に迫ってくる…」


最近よく、ぐわんと時空がゆがむ感覚が体感的に起こるのです。これはホントの話。

ふわっとからだが浮くみたいな感じとかね。
いや、もちろん見た目は浮いてませんけどね。( ̄▽+ ̄*)
面白いよねー。

さて、息子のCDを拝借して聴いていた Coldplay。
いやーカッコいい音だー好きだーとハマっていたのだが…

『 Viva La Vida or Death and All His Friends』
このアルバム、もしや…と、クレジットを見ると、やはり…

先日も触れた、敬愛するBrian Eno氏がプロデュースしていたのでした。
これまでも、私の ≧(´▽`)≦ David Bowie や U2のサウンドプロデュースにも携わっていたことありましたが…、
Coldplayもだったとは…。うーん、やっぱりカッコいい。好きだー♪≧(´▽`)≦


0 件のコメント:

コメントを投稿