2010/05/22

秩父宮で地球交響曲☆


今日はyamantakaが観たいというので、ラグビー観戦!
お天気もちょうどいい感じ♪

まずはkurkkuでベジランチです☆
土日はいつもより混んでますね〜。

本日の話のテーマは、「自ずから」
おのずから、みずから、で微妙に意味違う…
という話とか…

日本人が、ふすまや障子があるだけで、
聞こえていても、聞いてなかったことに、
人影が見えていても、見なかったことに、できるという話とか…

盛上がりました。

粋のこころを操れる、高い精神性を持っているんだよね。
そういうところがすごいと思う。日本人。

ところで右の写真、奥に電線が何本も張ってあるの…
見てないものですな。

人は自分の見たいモノしか見ない…のだ。
♪これでーいいのだ〜♪
でもたまには視点を変えるのもいいのだ。

のんびり歩いて、秩父宮ラグビー場へ。

スタジアム通りにこんなオブジェが見下ろしていたのも見てなかったなー。
仏像と妖精系のエクレクティックな不思議ちゃん♪

サッカーは、国立はもとより、
鹿島スタジアム(ジーコの現役プレイ)から
等々力競技場(ヴェルディの読売時代、ラモスさんカズさん現役プレイ)
三沢(=みつさわと読みます。元横浜フリューゲルス、加茂監督〜反町氏現役時代)に至るまで、あちこちよく観に行ったものですが、
ラグビーは、福岡の高校時代や英語講師をしていた頃に部活レベルの試合を応援していた程度でした。

秩父宮は芝生もとても綺麗。緑が美しく、トラックがないからピッチが近くて、芝の匂いも漂ってきます。気持ちよい〜♪ 
正面の前から11列目。ベストポジションでありました。

その近さで見た、ラガーマンの大きさにびっくり〜!
普段細マッチョに囲まれている私は、「ごはんの量はやっぱりすごいのかな〜?!(@o@)」なんてことを思いながら…
こそこそとiPhoneで「秩父宮なう」と早速ツイート。  ☆Follow me!

この失礼な態度に、元ラガーマンyamantakaからは、
ちゃんと見なさい!と言わんばかりに「オラっ」とツッコまれるのでありました。( ̄▽+ ̄*)

でもその後がスゴかったんだよ。
『地球交響曲』のプロデューサー、ゆかりさんから
「元ラガーマン龍村仁監督も秩父宮なう」のリツイトをいただき、
え〜そうなんだ、お会いできるといいなーなんて思ってはみたけれど…
まー何せこの広いスタジアムですからね…ねぇ 
フツーは無理でしょ。で、も、ね…

ハーフタイムになったので、お散歩がてら、スタンドを離れて回廊に出るべく階段を下りていたら
な〜んとなんと! 目の前に、目深に帽子をかぶってサングラス…
でもまぎれもなく、仁監督が歩いてらっしゃるではありませんか。
暗い回廊にそこだけスポットライトが当たっているかのように、目に飛び込んできたのでした。
ホントにすごいですね〜。 ツィッターマジック。ありがたいご縁でございます。

夏には、恵比寿の東京都写真美術館ホールで一般ロードショーが始まる「地球交響曲第七番」。 先日4月末日に、その完成披露試写会に出かけたばかりでした。(yamantaka、momoちゃんと行ったのですが、そこでもTYCのchama先生、アーユルヴェーダのyukaさんに会えたりもした)

ようやく時代の意識がガイアシンフォニーの世界に追いついた感のある今年のメインは
自然治癒のチカラ。
統合治療の提唱者アンドリュー・ワイル氏の箸持つ姿…必見です。(そこ?)

ところで、仁さんもヨギーなのだそう。しばし立ち話&ハグさせていただきましたゼ☆
ちなみに、ウェブの「日々是地球」は必見です!すばらしい写真と言霊の宝庫をお見逃しなく。

肝心のラグビーの試合は圧勝!めでたく2011W杯@NZに出場決定…ではありますが…
*ちなみに今後の開催国 2011:ニュージーランド、2015:イングランド、2019: 日本!!!

終了後は、表参道まで歩き…yamantakaが
「素材から縫製まで”メードインジャパン”にこだわっているところに共鳴している」と言う「コムデギャルソン」を経由、
ふたたびの「A to Z cafe」へ。
老舗「だるまや」でテイクアウトして帰宅〜☆

そして、夜、息子の中間テストの英語サポートをしていたら…
リーダーの「CROWN」に、故星野道夫氏、ジェーン・グドール女史、そしてエジプトのラムセス2世のお話が載っているのにまた感動。両者それぞれ地球交響曲第三番、第四番にご出演されているし、グドール女史は、数年前息子が当時在学していた港区の小学校で講義もしてくださったのでした。

夜も更けてからは、テレビで86年のW杯 アルゼンチンvsイングランド戦(例のマラドーナ神の手)など
アーカイブを放送。連続でこの18年の名勝負がオンエアされます♪ サッカーファンには感涙ものです☆
*NHK 「FIFAワールドカップ 歴史に残る名勝負」一覧+代表試合 オンエア一覧表

0 件のコメント:

コメントを投稿