2010/01/13

夜空の果てから

みんなのシャンティ・ヨガを終え、外に出て…ふと寒空を見上げたら…
何だか今日は夜空の星がいつもよりたくさん目に入ってきたよ。。。

街の明かりが邪魔になって星が見えないというのは、思い込みだったのかもしれない、と思った。

今夜は、オリオン座がとても近くに来てくれた。冬空を代表する大好きな星座。小さい時からずっと包み込んでくれているような不思議な安心感を感じさせてくれるの。

その左上のペテルギウスに、左横に見えるプロキオン、そして
下方にひときわ明るい星、シリウス。


見よう見ようと目を凝らさずに、むしろ眉間の奥をふっと感じてみる

すると、もっともっと光は明るくなって、それぞれのつながりの糸がうかびあがってくるの。冬の大三角形が現れてくるよ。

何だかとっても頼もしい星々の輝き。
遥か遠くから届けられる光に見守られ、
照らされているわたしたち地球の大地、
日々歩む足もと。

その輝きを信じて、進んでいけばいいんだね♪


★コーチング(デモ)・クライアントさん募集中です!

2 件のコメント:

  1. 冬の星空は、たまらない。
    オリオン座の下あたりのモヤモヤした星雲まで見える(名前忘れた)
    何千光年離れた☆、何千年も前の光を今見ている事。今現在その星は無いのかもしれない。

    過去と未来と現在が、普通に存在することが素敵すぎる。
    あせりも悩みも、ちっちゃいなぁって。
    伝えたいことが今、伝わらなくても、いつか伝われば。
    伝わるときには自分はもう、伝えていないかもしれないし、存在しないかもしれないし。歴史の授業で、よく、そんな思いに浸っていたなぁ。歴史の中身はまったく…でしたが。

    あ、このこと、今度ブログで書いちゃう♪
    みちこさんのリンクしちゃいます♪
    ネタをありがとう~(笑)

    返信削除
  2. > yuco さん
    …過去と未来と現在が、普通に存在することが素敵すぎる。
    ホントよね。果てしない時空間も光でつながっていて…輝いたその瞬間に、もしかしたら、いえ、きっと、その星にいたのかもしれませんのよ。yuco さんもきっとオリオンに…うふふ。そのときからの魂の友なのね…:*:・( ̄∀ ̄)・:*:このタイミングで出会えたこと嬉しいよ♪

    返信削除