2010/10/18

必要なレッスン

天国みたいだったK病院でミラクルな2ヶ月を過ごし、

次なるステージは、孤独な訓練を強いられる回復期リハビリテーション。

環境も変わり、スタッフさんも替わり,

タカフミさんは少し戸惑い気味のようでありました。

とても敏感で、人が何を感じているか、考えているのか…

人一倍感度が鋭い人だったので、すぐにセンサーが働くのです。

だから疲れちゃうよね。


心肺停止の直接の原因は「心筋梗塞」

冠動脈の一本が見事に血栓のために滞っていたのです。

現在はおかげさまで、心臓は安定しているし、体調はすこぶる良好。

そこから、低酸素脳症→今の病名は「高次脳機能障害」

最初主治医の先生から聞いた時…そのネーミングに少々抵抗しました。

何だかさ、脳機能に高いも低いもないんじゃな〜い…

失礼しちゃうっ  ٩(͡๏̯͡๏)۶ みたいな…。

かの養老孟司さんだって仰ってます。

「…脳の障害というのは、じつは定義しにくい。

ひょっとすると、定義できない。

私はむしろそう思っている。数学の学会に出たら、

ふつうの人はほとんど高次脳機能障害だろう…後略」と。

(引用:某脳神経科学本のあとがきより)

タカフミさんは、倒れる前は人一倍記憶力が良かったし、

頭の回転も人並みはずれて高速、

読書量だって半端じゃない。

一度に色んなこと考えられて、

同時に周りの人のことも愛情深く思いやりを持てる人だった。

なのになのに、

高次脳機能障害なんて… 言われても…受け入れづらかった。


でも、それはね〜私自身のこだわりだったわけですね。

起きてしまったんだもの。

障害があることをまずは受け入れなくては…

目をそむけてばかりいても回復できないっ!


開き直りました。

いろいろ勉強すると、高次脳機能障害の回復は、

薄皮を剥いでいくよう…とある。

うーむ長丁場か。覚悟を決めなくちゃね。


だからリハビリテーションと言っても、カラダの可動性を高めるだけでもなく、

闇雲に刺激すればいいというものでもないらしいのです。。。

うるせぇっなんて、怒鳴る様になって…

へ?へ? そんな〜人が変わったみたいな強い語調…乱暴な言動…

こんなことあり得な〜い! (\/) (°,,°) (\/)

泣きながら抱きしめても…反応なし。。。凹む〜

感情のコントロールが利かないのです。


毎日試行錯誤…


スタッフの人への信頼
…ちゃんと視ててくれてるの〜?

回復への不安
…変化が停滞してる気がする…ホントに治るの〜? 

まさに、私の中の怖れや不安や疑いや迷い。。。そして焦り。が吹き出してきた。

それがそのまま映し鏡のように…彼の言動に現れていたのね。。

自分の中を見つめて…少し余裕を持つ。


私が彼にどうして欲しいか…ではなく、


彼が今どうしたいのか、だけにフォーカスする。


するとね、とても穏やかに心の対話ができてくるの。。。


これって、病気であるなしにかかわらず、

パートナーシップを深くありのままに育むための

私自身に必要なレッスンだったんだね。

また大きな気づきです。ありがとう☆


無益な迷いを捨てて、真の覚醒をとことん信じて


いきたいと思います! 



早くも2週間余りが経ちました。


流動食を口からもいただくようになっています。

そんな時に、お義兄さん が見つけてくれた
タイムリーな読み物。ありがとう☆

症状自体は本当に人によって千差万別だから


すべてが同じなわけではないけれど、

この病気のことがよくわかるし…勉強になるの。

彼のありのままをしっかり受けとめる。

私自身のありのままを感情、精神ともにきちんと見ながらね…

本当に映し鏡のようなタカフミさんなのでした。

ありがとう☆

2 件のコメント:

  1. お元気ですか?美智子さんのブログで元気をもらっています。リハビリはいかがですか?「・・・そういうこと」「俺たちはなんでも出来るんだよ」という言葉が忘れられません。  なんちゃって主任より

    返信削除
  2. ええっ?! しゅ、主任なのですかーーー???!!ヽ(;▽;)ノ
    コメント嬉しい!涙です。ありがとうございます☆

    本当にみなさまの温かいケアのおかげさまで、
    あの2ヶ月間のミラクルな回復を果たせたと思っています!!
    御礼言い尽くせません。
    そして主任の天使笑顔とプロフェッショナルな眼差し、忘れませんよ〜☆

    リハビリ…孝文さんがんばってます。今は安全面の配慮から、
    ベッドを撤去してクッションフロアにマットレスの状態。
    でも、自分で立ち上がり、普通に歩いています! 
    食事も少しずつですが、口からいただけています。

    意識は…うむむ…ですが、なだらかにつながりを増やしてというところかな…。相変わらず語ってはいますよ♪ 
    でもね、必ず、真に目覚める瞬間があると、信じています☆
    あの夏同様…全身全霊で迷いなく信じきっています(笑)

    どうぞスタッフ、ドクターのみなさまにもよろしくお伝えくださいませね。
    本当に本当にありがとうございます☆がんばります☆

    返信削除