2013/01/15

東京の ”ヒマラヤ”


それは音もなく舞い降りて

しばらく眼差しをはずしている間に

すっかりあたりを包み込んでしまい

白い微笑みとさらなる静寂をプレゼントしてくれた。


昨日は、午前中のクラスを行っている間に、
忽ちテラスが白いふかふかの絨毯になりました。

クリスタルの六角形の翼をまとった妖精たちが
静かににぎやかに伽羅伽羅と笑っているようにも思えました。

久しぶりに体感する
一瞬のような永遠のような時間。

サンスクリット語で雪はhima laya は家
東京がヒマラヤになれる夢の時間。

まさに人の海の只中で暮らす私たちが
限りなく執着を手放し存分に修行に身を窶せる高みの場。
ヒマラヤに姿を変えている瞬間を味わう幸福なひとときです。

静かに目を閉じて坐れば、
いつもよりいっそう内側に
そして宇宙にハートが解け合いそうな一日。





0 件のコメント:

コメントを投稿