2010/11/19

人生にもドリシティ

人は、目を向けた方に、動いていくものだね。

目を向ける = 心を向けていく

すると、たちまちエネルギーがそちらの方向へ向かって動いていく。


ヨガでも、ドリシティ=視線は大事な要素と言われます。

しっかりと見据えて、エネルギーを集中する。

3本目の足、と言われるほど、

カラダ全体のバランスを取るのに、視線は大きな力を発揮していくの。

よく片足立ちをして、目を閉じた瞬間にバランスが崩れたりするけど、

その3本目の足が消失し、怖れが生じるからかもしれない。


ヴィラバドラ2みたいに、ある時は、前方に視線を投げながらも、

同時に後方からの視線を、自ら循環させることもあったり…。

これって、まさに己の後ろ姿を見る…「離見の見」…

動いている自分と同時に、自分を見る他者の視線をも持つ、という

世阿弥の風姿花伝、能楽の演者の心得にも通じるというのは少々強引かしら♪


視覚って、本人の自覚をはるかに上回る情報を

無意識にキャッチしている器官。だからこそ、

時に閉眼して、心眼を開くことがとっても大事だよね。

余計な外の情報を断って、自己の内面を積極的に見つめていく

まさにヨガの真骨頂。


さて、日々生きて行く、日常の時間☆

ドリシティの威力さながら、フォーカスした方向に

たちまちエネルギーが流れていくのを実感するこのひと月あまり。

色んなことがそちらに向って動き出すのです。ものすごい勢いで…。


そこには、新しい出会いやご縁、旧知の友との再会や関係の再構築。

新たなエネルギーとともに本当にたくさんの人に助けられています。
 
ありがとう。ありがとう。ありがとう。



宇宙のリズムは深くてやさしい。

愛と感謝を呼吸することを、しあわせと呼ぶんだね☆



現在、過去、未来は、この瞬間に…☆

0 件のコメント:

コメントを投稿